自己破産Q&Aサイト|自己破産の疑問、質問に弁護士、司法書士の専門家が 解説。

自己破産の多くの疑問にお答えする! 自己破産Q&Aサイト
受付時間:9時~19時(水曜日定休) 0120-080-119 045-410-6329 24時間365日受付
自己破産の相談窓口 24時間受付 0120-080-119

滞納している国民健康保険は?

自己破産のQ&Aコーナー

滞納している国民健康保険は?

自己破産しても滞納している国民健康保険は免責されません。

 

国税、地方税と同様に社会保険料も自己破産しても支払義務はそのまま残ります。

 

社会保険料とは、「国民年金」、「国民健康保険」、「厚生年金」になります。

 

 

 

 

【自己破産で免責されない公租公課一覧】

 

①国税 

 

所得税、法人税、消費税、相続税などの国に納める税金。

 

これらの延滞税、加算税も同様です。

 

②地方税

 

住民税(県民税、市民税)、固定資産税、自動車税、不動産取得税

 

③社会保険料

 

国民年金、国民健康保険、厚生年金

 

④その他自治体による徴収金

 

保育料、下水道使用料、駐車違反料など

 

上記のように、自己破産しても「租税等の請求権」は免責されないということです。

 

分割を相談して、支払いをしていくことになります。

破産を考えた時は弁護士、司法書士の
			専門家にご相談ください!
Copyright © 自己破産Q&Aサイト All Rights Reserved.