自己破産Q&Aサイト|自己破産の疑問、質問に弁護士、司法書士の専門家が 解説。

自己破産の多くの疑問にお答えする! 自己破産Q&Aサイト
受付時間:9時~19時(水曜日定休) 0120-080-119 045-410-6329 24時間365日受付
自己破産の相談窓口 24時間受付 0120-080-119

個人再生するための基準は?

自己破産のQ&Aコーナー

個人再生するための基準は?

まず個人再生とは、債務を最大90%減免し、最長5年間で

 

分割支払いをしていくことが可能になる個人の再建を図る

 

制度です。

 

1.借金の支払い責任を減免してもらいます。

 

裁判所に個人再生の申立を行い、5000万円を超えない債務(住宅ローン等は除く)

 

を大幅に減額することで、個人の経済的な再建を図ります。

 

2.原則3年(最長5年間)で分割支払いにしてもらいます。

 

減額された債務は原則3年以内、最長5年間で分割支払いをしていくことで

 

個人の再生を図ります。

 

 

 

では次に個人再生を利用できる要件についてご説明していきます。

 

個人再生を利用できる要件は?

 

下記のように、再生計画を立てた際に、返済していくことができることを前提としています。

 

(1)個人の債務者であること

 

(2)将来において、継続的にまた反復して収入を得る見込みがあること

 

(3)収入の変動の幅が小さいこと

 

(4)再生債権が5000万円以下であること(住宅ローンは除く)

 

 

 

返済期間は?

 

【最長弁済期間】

 

最終の弁済時期は原則として3年。ただし、特別な事情があれば、

 

5年以内まで延長が可能です。

 

破産を考えた時は弁護士、司法書士の
			専門家にご相談ください!
Copyright © 自己破産Q&Aサイト All Rights Reserved.