自己破産Q&Aサイト|自己破産の疑問、質問に弁護士、司法書士の専門家が 解説。

自己破産の多くの疑問にお答えする! 自己破産Q&Aサイト
受付時間:9時~19時(水曜日定休) 0120-080-119 045-410-6329 24時間365日受付
自己破産の相談窓口 24時間受付 0120-080-119

持ち家は競売になる?

自己破産のQ&Aコーナー

持ち家は競売になる?

自己破産すると、所有する住宅は処分されます。

 

住宅を所有する方が自己破産された場合、

 

基本的に破産管財人が選任される管財事件と呼ばれる

 

手続きになります。

 

自己破産手続きにおいて開始決定がなされると破産管財人

 

によって管理されることとなります。

 

そのため、自己破産される方名義の持ち家も破産管財人により売却され、

 

債権者への配当資金とされます。

 

 

次に、持ち家を処分する方法としては、任意売却(裁判所を通さず、不動産を売ること)か

 

競売(裁判所で手続きが進められる)の2種類があります。

 

まずは、一番気になる家の引渡し時期ですが、任意売却の場合は買主の方と相談したうえで

 

決めることができるのに対して、競売の場合は裁判所の退去命令に従わないといけません。

 

次に、売却で得られる金額ですが、競売のほうが一般的に何割か安くなってしまうのが通常です。

 

 

自己破産を考えていて、持ち家を所有している方は、任意売却をし、その後に自己破産をする

 

方法がありますので、ご相談ください。

破産を考えた時は弁護士、司法書士の
			専門家にご相談ください!
Copyright © 自己破産Q&Aサイト All Rights Reserved.