自己破産Q&Aサイト|自己破産の疑問、質問に弁護士、司法書士の専門家が 解説。

自己破産の多くの疑問にお答えする! 自己破産Q&Aサイト
受付時間:9時~19時(水曜日定休) 0120-080-119 045-410-6329 24時間365日受付
自己破産の相談窓口 24時間受付 0120-080-119
消費者ローン

自己破産を考えている方の中には、消費者ローンから借金をしていて督促がきている場合もあるでしょう。また複数社の消費者ローンから借金をしているケースもあるかもしれません。転職や退職により安定的な収入がなくなってしまった方、借金の総額が年収を超えてしまった方にとって自己破産は有効な手段となります。消費者ローンや督促などに関して、多くの質問をいただいております。過去のQ&Aより確認してください。

自己破産の条件

自己破産の条件

自己破産が裁判所で認められるためには「支払不能状態」にあるとみなされる必要があります。具体的には「借金返済に充てる財産を有していない」「借金返済に充てる金銭を調達することが難しい状態にある」「すでに返済が滞っている」「継続的、客観的に見て、弁済能力がないと判断される」ということです。

自己破産と消費者金融からの督促

自己破産と消費者金融からの督促

自己破産の手続きを弁護士に依頼すると、弁護士から受任通知を貸金業者に発送します。貸金業者は受任通知が届くと、貸金業者からお客様に取立行為を行うことは禁止されています。したがって、弁護士に依頼し、弁護士から受任通知が貸金業者に届いた以降は督促が来ることはありません。

自己破産で債務が免責されないケース

自己破産で債務が免責されないケース

自己破産しても免責不許可となる事由があります。下記のようなケースは自己破産しても借金が帳消しになりません。
・高額な買い物やキャバクラなど風俗に使いすぎた借金の場合
・パチンコ、競馬などギャンブルが原因の借金の場合
・高額な株式や為替取引で借金した場合
・ヤミ金など違法な業者からの借金の場合  など

自己破産で気になる 消費者ローンQ&A

ギャンブルが原因で課題の借金をした場合は自己破産できません。 ただし、常識の範囲内でのギャンブルであれば自己破産することができます。   「浪費」や「 […]

自己破産を弁護士に依頼すると、受任通知を出すことで督促は止まります。       自己破産を弁護士に相談し、手続きを依頼すると、弁 […]

自己破産で消費者ローンの借金も免責になります。       自己破産をすることで、すべての借金は免責になります。   し […]

自己破産すると、クレジットカードは使えなくなります。       自己破産すると、残高が残っているクレジットカードは強制的に &n […]

破産を考えた時は弁護士、司法書士の
			専門家にご相談ください!
Copyright © 自己破産Q&Aサイト All Rights Reserved.